カテゴリ
全体
TPAMからのお知らせ
Meet at TPAM
IETM ミーティング
世界の舞台芸術見本市
未分類
以前の記事
<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【東京芸術見本市2010】デリシャスウィートスブースにて物販を行います
●ブース情報
http://www.tpam.or.jp/2010/japanese/booth.html#ds

[ブースNo.46]デリシャスウィートス
結成10周年。唄・踊り・寸劇・マジック・生演奏・ファッション等々、様々な要素が詰まった総勢12名のエンターテインメント『コケットショウ』を展開。見世物小屋、キャバレー、テント公演、介護施設、温泉地、ライブハウスなど、既存の枠にとらわれない縦横無尽なパフォーマンスが話題を呼び、老若男女 幅広い層から支持を得る。ノスタルジーを越えた独特な世界観、神出鬼没な正に唯一無二のスタイルで全国を巡業している。

Website:http://www.derisya.com
e0090448_145155.jpg

[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-25 14:04 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市/2010】ポケットガイド完成!
TPAM2010のポケットガイド完成!会場でも配布しますが、先行してダウンロードできます!

http://www.tpam.or.jp/2010/docs/TPAM2010PocketGuide.pdf

【ご注意ください!】
3月4日(木)の海外ショーケース「メラニー・ウィルソン/ティム・クローチ」は14時からの上演と変更になりました。
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-25 01:36 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010】国際舞踏連絡協議会(LIB)ブースにて物販を行います
【東京芸術見本市2010】国際舞踏連絡協議会(LIB)ブースにて物販を行います




●ブース情報
http://www.tpam.or.jp/2010/japanese/booth.html#lib

[[ブースNo.31]国際舞踏連絡協議会(LIB)
2006年発足。舞踏の実演家、団体、研究者、上演施設のネットワーク形成及び歴史資料の収集整理と公開を目的に、土方巽記念アスベスト館と大野一雄舞踏研究所を母体として設立。これまでに海外での舞踏公演、展覧会のオーガナイズ、日本国内では舞踏に関する国際会議を開催。物販有り。

*3月3日(水)17:00-19:00大野慶人 舞踏ワークショップ開催
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 17:12 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010】エイブルアート・オンステージブースにて物販を行います
【東京芸術見本市2010】エイブルアート・オンステージにて物販を行います




●ブース情報
http://www.tpam.or.jp/2010/japanese/booth.html#ableart

[ブースNo.15]エイブルアート・オンステージ
【エイブルアート・オンステージ】は、障害のある人たちと新しい表現に挑戦しているアーティストが出会い、コラボレーションすることで、これまでに見たことのない表現や作品をつくる舞台芸術プロジェクトです。物販有り。

Website:http://www.ableart.org
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 17:09 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010】志多らブースにて物販を行います
【東京芸術見本市2010】志多らブースにて物販を行います



●ブース情報
http://www.tpam.or.jp/2010/japanese/booth.html#shidara

[ブースNo.48]志多ら
~人を結び、いのち奏でて、伝統を舞う~愛知県北設楽郡東栄町を拠点とする気鋭の和太鼓集団。1990年プロとしてスタート。純子全国各地で活動を展開。2002年、第一回東京国際和太鼓コンテストで最優秀賞を受賞。力強い演奏と国の重要無形民俗文化財「花祭り」を題材とした「花まつり“志多ら舞”」は全国各地、海外でも高い評価を得ている。2009年には結成20周年を迎えた。生きている喜び、生きる力を届け続けている。Website:http://www.shidara.co.jp
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 17:05 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010セミナー】再都市に浸透する「劇場」空間― イギリスの舞台芸術から
[同時通訳付]
都市に浸透する「劇場」空間― イギリスの舞台芸術から
http://www.tpam.or.jp/2010/seminar.html#toshi2

3月4日[木]10:00~12:00/東京芸術劇場 大会議室

モデレーター: 住友文彦[キュレーター/NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ]
スピーカー:
タソス・スティーヴンス[コニー ディレクター]
マット・アダムス[ブラスト・セオリー主宰者]
ダンカン・スピークマン[アーティスト]
塚原悠也[contact Gonzoダンサー]
exonemo(エキソニモ)[アーティスト]

るイギリス。大規模な上演ではなし得なかった演劇やダンスの魅力、そして、「小ささ」が身軽さを呼び、多くの国や地域で人気を呼び、幅広い観客層を獲得しています。同じく新しい技術を駆使して都市空間に介入していく試みを実践している日本のアーティストを交えて、最前線の舞台芸術事情を実演とともに紹介します。

提供・協力:ブリティッシュ・カウンシル
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 01:31 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010セミナー】再考・都市と芸術―新たな関係を求めて
[同時通訳付]
再考・都市と芸術―新たな関係を求めて
http://www.tpam.or.jp/2010/seminar.html#toshi

3月3日[水]16:00 ~ 18:00 /東京芸術劇場 中会議室

スピーカー:
ジュード・ケリー[サウスバンク・センター芸術監督/
ロンドンオリンピック2012 文化教育委員会最高責任者/メタル代表]
アンディ・フィールド[フォレスト・フリンジ ディレクター]
甲斐 賢治[NPO法人記録と表現とメディアのための組織(remo)代表理事]
金森 香[シアタープロダクツ プロデューサー]
中村 茜[precog代表取締役]
モデレーター:吉本 光宏[ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長]
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 01:30 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010セミナー】広がるアウトリーチの可能性~文化・芸術と教育・福祉分野の連携について~
[同時通訳付] 財団法人地域創造主催セミナー
広がるアウトリーチの可能性~文化・芸術と教育・福祉分野の連携について~

http://www.tpam.or.jp/2010/seminar.html#cs

3月3日[水]10:00~12:00/東京芸術劇場 中会議室
コーディネーター:吉本光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長)
パネリスト(五十音順):
苅宿俊文(青山学院大学教授/NPO法人学習環境デザイン工房代表)
近藤良平(コンドルズ主宰/振付家/ダンサー)
桜井里二(社会福祉法人秀峰会 理事長)
津村 卓(財団法人地域創造プロデューサー)

アーティストを地域の学校や福祉施設に派遣してワークショップなどの事業を行う「アウトリーチ」は、文化・芸術を地域に広く普及させるとともに、地域における公立文化施設の役割を拡大させてきました。昨今、こうした取り組みは、文化・芸術の普及にとどまらず、教育や福祉分野における効果も見込まれる取り組みとして、注目を集めています。 本セミナーでは、教育分野・福祉分野と連携したアウトリーチの実例を紹介しながら、これからの文化・芸術の可能性を考えるとともに、その実現に向けたあり方や留意点について考えます。

※当セミナーには、TPAMパスご購入の上、別途セミナーの事前予約が必要です。 お名前、ご所属、ご住所、Tel/Fax番号、e-mailをご記入頂き、e-mailまたはFaxで財団法人地域創造(e-mail:tamaki@jafra.or.jp/Fax03-5573-4060)までお申し込みください(定員に達し次第、締め切ります)。
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 01:29 | TPAMからのお知らせ
【東京芸術見本市2010セミナー】舞台芸術の「公共性」と「国際性」をめぐって
●3月1日[月]10:00~12:00/東京芸術劇場 大会議室
平田オリザvs 岡田利規 連続対談 vol. 1
私たちは何を成し遂げ、どこに向かっているのか― 真の公共劇場とは何か?


●3月2日[火]10:00~12:00/東京芸術劇場 中会議室
平田オリザvs 岡田利規 連続対談 vol. 2
私たちは何を成し遂げ、どこに向かっているのか― ジャパネスクから遠く離れて

スピーカー:
平田オリザ[青年団主宰・劇作家・演出家・大阪大学大学院教授]
岡田利規[チェルフィッチュ主宰・演劇作家・小説家]
モデレーター:丸岡ひろみ[東京芸術見本市 事務局長]


●3月1日[月]13:30~15:30/東京芸術劇場 大会議室
パネル・ディスカッション:
芸術見本市のこれから― 国際的な「主客」を超えるプラットフォームの設立にむけて

スピーカー:
マリー・アン・ドゥヴリーク[IETM事務局長]
フリー・レイセン[Theater der Welt 2010 キュレーター]
モデレーター:曽田修司[跡見学園女子大学教授/国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター事務局長]

http://www.tpam.or.jp/2010/seminar.html#0301
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-24 01:27 | TPAMからのお知らせ
財団法人地域創造主催セミナー
財団法人地域創造主催セミナー

広がるアウトリーチの可能性
~文化・芸術と教育・福祉分野の連携について~

●3月3日[水]10:00~12:00/東京芸術劇場 中会議室

進行:吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長)

パネリスト(五十音順):
苅宿俊文(青山学院大学教授/NPO法人学習環境デザイン工房代表)
近藤良平(コンドルズ主宰/振付家/ダンサー)
桜井里二(社会福祉法人秀峰会 理事長)
津村 卓(財団法人地域創造プロデューサー)

アーティストを地域の学校や福祉施設に派遣してワークショップなどの事業を行う「アウトリーチ」は、文化・芸術を地域に広く普及させるとともに、地域における公立文化施設の役割を拡大させてきました。昨今、こうした取り組みは、文化・芸術の普及にとどまらず、教育や福祉分野における効果も見込まれる取り組みとして、注目を集めています。

本セミナーでは、教育分野・福祉分野と連携したアウトリーチの実例を紹介しながら、これからの文化・芸術の可能性を考えるとともに、その実現に向けたあり方や留意点について考えます。

※当セミナーには、TPAMパスご購入の上、別途セミナーの事前予約が必要です。
お名前、ご所属、ご住所、Tel/Fax番号、e-mailをご記入頂き、e-mailまたはFaxで財団法人地域創造(e-mail:tamaki@jafra.or.jp/Fax03-5573-4060)までお申し込みください(定員に達し次第、締め切ります)。

東京芸術見本市
http://www.tpam.or.jp/
[PR]
by welcome-tpam | 2010-02-03 20:34 | TPAMからのお知らせ
トップ

演劇・ダンス・音楽のマーケット、東京芸術見本市(=TPAM)スタッフが、TPAM参加者のインタビューや世界各地の舞台芸術見本市参加レポートをアップするブログです。TPAMオフィシャルHP → http://www.tpam.or.jp
by welcome-tpam