カテゴリ
全体
TPAMからのお知らせ
Meet at TPAM
IETM ミーティング
世界の舞台芸術見本市
未分類
以前の記事
<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Pointe to Point 参加アーティスト募集のお知らせ
Pointe to Point
第5回アジア・ヨーロッパ・ダンス・フォーラム
参加アーティスト募集のお知らせ
~北京&貴州(中国)~
2007年11月13日~24日 
応募締め切り 2007年8月10日(金)


東京芸術見本市2005の提携公演でもありました、Pointe to Pointが今年は北京と貴州省(中国)で開催されます。日本からも参加アーティストを募集していますので、お知らせいたします。

Pointe to Point はASEF(アジア欧州基金)のYoung Artist Exchangeプログラムの一つで、アートを通じて現代社会へアプローチするアジア、ヨーロッパの若手アーティストのための企画。若手芸術家同士の交流や対話を通じて、作品創作を行うオリエンテーションの場を提供します。

今年のPointe to Pointは中国で開催。リサーチプログラムでは、ミャオ族が住んでいるこでも知られる貴州省に行き、アジア、ヨーロッパから参加する12人の選ばれた振付家/ダンサーと6人の作曲家/即興演奏家が現地でインスパイアされ、創作されたコラボレーション作品を北京にて発表します。

本プロジェクトには以下の4人のアーティストがアドバイザーとして参加します。
Susan Buirge (U.S.A.)
Wen Hui (China)
Fabrizio Cassol (Belgium / Italy)
Joyce Koh (Singapore)

本プロジェクトに参加する12人の振付家/ダンサー、6人の作曲家/即興音楽家をアジア、ヨーロッパから募集しています。

応募締め切り:2007年8月10日
審査結果:9月中旬発表

応募条件(ダンサー)
・ASEMメンバー国の国籍を持つこと *日本はメンバー国です。
・25歳~35歳
・英語で意思疎通可能
・上級レベルのダンサーであること
・3作品以上のオリジナル作品があること
・ミュージシャンと即興での共演経験があること
・バックグラウンドの異なるアーティストとコラボレーションする意欲があること


応募条件(ミュージシャン)
・ASEMメンバー国の国籍を持つこと *日本はメンバー国です。
・25歳~35歳
・英語で意思疎通可能
・演奏技術に長けていること。アコースティックの楽器が望ましい
・3作品以上のオリジナル作曲作品があること
・ダンサーとの即興での共演経験があること
・バックグラウンドの異なるアーティストとコラボレーションする意欲があること


条件:
Pointe to Point に参加するための渡航費、国内交通費、宿泊(2人部屋共有)
食事の提供




ご興味のある方は以下の公式ホームページをご参照ください。
http://www.asef.org/index.php?option=com_project&task=view&id=1036
[PR]
by welcome-tpam | 2007-08-07 17:05 | TPAMからのお知らせ
トップ

演劇・ダンス・音楽のマーケット、東京芸術見本市(=TPAM)スタッフが、TPAM参加者のインタビューや世界各地の舞台芸術見本市参加レポートをアップするブログです。TPAMオフィシャルHP → http://www.tpam.or.jp
by welcome-tpam