カテゴリ
全体
TPAMからのお知らせ
Meet at TPAM
IETM ミーティング
世界の舞台芸術見本市
未分類
以前の記事
研究会「TPAM(東京芸術見本市)を考える」のおしらせ
世界的に見ても、舞台芸術の見本市の歴史はそれほど古いものではありませんが、今日の舞台芸術環境においては、きわめて重要な位置を占めるに至っています。日本でもTPAMは14年の歴史を持ち、その存在は広く知られているものの、活動の全容はよく知られているとはいえません。
TPAMの運営の中心を担うメンバーを講師に招いて、現在の運営体制(ミッション、予算、活動実績)、日本そして世界の舞台芸術環境における位置づけ、これまでの歴史的経緯と今後予定されている変化について、詳しく話を伺います。

詳細:
http://www.enpaku.jp/event/host/event20100517.html
----------------------------------------------------------------------------------------
「TPAM(東京芸術見本市)を考える」

日時:2010年5月17日(月) 18:00~21:00

場所:
早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)3階302会議室
アクセス:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

主催:
芸術文化環境研究コース

概要:
「TPAM(東京芸術見本市)を考える 舞台芸術環境における見本市の役割と今後」

講師:
丸岡ひろみ(TPAM事務局長)、小沢康夫ほか
[PR]
by welcome-tpam | 2010-05-15 19:25 | TPAMからのお知らせ
<< 舞台芸術セミナーマッシュアップ... 「ディスタンス・フェスティバル... >>
トップ

演劇・ダンス・音楽のマーケット、東京芸術見本市(=TPAM)スタッフが、TPAM参加者のインタビューや世界各地の舞台芸術見本市参加レポートをアップするブログです。TPAMオフィシャルHP → http://www.tpam.or.jp
by welcome-tpam