カテゴリ
全体
TPAMからのお知らせ
Meet at TPAM
IETM ミーティング
世界の舞台芸術見本市
未分類
以前の記事
カテゴリ:IETM ミーティング( 2 )
IETM in リュブリャナ(スロヴェニア共和国)
◎正式名称:IETM Spring Plenary Meeting
◎開催地:Ljubljana, Slovenia
◎開催日:2008年5月15~18日
e0090448_5362011.jpg


IETM(International Network for Contemporary Performing Arts)の春の総会(Spring Plenary Meeting)に参加しました。

IETMは2年前までインフォーマル・ユーロピアン・シアター・ミーティングという名称でした。いわばヨーロパの同時代の舞台人たちの非公式の組合みたいなもので、総会は春と秋の2回。その時々のさまざまな問題を議論しています。前回のTPAMではサテライト・ミーティング(IETM@TPAM)を実施し、それを機会にTPAM事務局を運営しているPARC(国際舞台芸術交流センター)もIETMメンバーになりました。

今回の参加は東京ミーティングのフィードバックを聞きつつ、(one of the best meetings と言って頂けました。ほっとしました)今後の関係をどう続けていくかなどをIETMの事務局と話してきました。

               **************

今回の総会のテーマは「Rehearsing freedom 2008」。この意味深長なテーマは未だ存在する、欧州各国の文化的、社会的、そして経済的な違いを反映しています。特に今回の実施会場のある都市リュブリャナは旧社会主義国に属し、1990年代の紛争を経て現在に至る国の首都ですが、同じ事情を分かつ周辺諸国の参加者が多いことがテーマに反映したようです。詳細ブログラムはこちら

プログラムはミーティング(パネルルディスカッション、20人前後が参加して各々のテーマを議論するワーキング・グループ)と観劇の2つのほか、みんなで食べたり、飲んだり、(ナント!)ピクニックをしてコミュニケーションを図るプログラムの3つが柱です。もちろん総会ですから、メンバーが参加して今年度予算や理事承認の会もあります。プログラムがたくさんあり、しかも重なっているため、すべてに参加することはできませんでしたが、筆者が参加したプログラムを中心に日を追ってご紹介したいと思います。
 

■ 5月15日(1日目)

14時から、主会場であるスロヴェニア民族博物館で参加登録が始まりました。ここで、パスやプログラムをもらいつつ、参加の予定を決めます。また、だいたいの人がこの時間に集るので、懐かしい人々との再会を喜びつつ情報交換をしている姿が其処ここで見られます。この登録カウンター周辺がミーティングポイントになっており、併設されているカフェにも人々が集り個別のミーティングをしています。
e0090448_4583154.jpg
主会場の入り口付近
e0090448_5371079.jpg
登録風景

午後にいくつかミーティング・プログラムがあり、「Rehearsing Freedom with Your Team」というプログラムに参加しました。モデレーターはパスカル・ラインハルトさん(Ms. Pascale REINHARDT / Coache and Researcher, Société Française de Coaching)。朝食でお目にかかった時、リュブリヤナに来る直前にもパリで同種のワークショップを実施されてきたと話されていました。

参加人数は15人くらいです。若きプロデューサーを中心に、彼らの仕事相手となる劇場担当者やフェスティバル・ディレクターなどとどうやって上手にコミュニケーションをとるか、彼女なりの方法論を伝えてくれました。面白かったのが全員で歩きながら、彼女の指示に従い、「すれ違い様に手を触れる、ぶつかる、後ろ向きで歩く、目をつぶって歩く、目を見て手を組んだり、体を互いに手で揺さぶったりする」というワークショップで、実施後、それぞれがどんな風に感じたかを話すというものです。「ちょっと触れる時よりぶつかっていた方が(ちょっと)不快でもあるが、より接近したようにも感じる」という感想が出ました。こんな事をしながら、人と人が出会い、一つの仕事を超えていく内容をマッピングして説明してくれます。こういう一見ナイーブなプログラムがあるのもIETMの魅力です。出会いの基本を再考させてくれるプログラムでした。

その後、市の主催でレセプション。市長とIETM会長のヴィルヴェ・スーティネン氏(Ms. Virve SUTINEN / President, IETM)の挨拶後みんなで談笑。この日の夜、メインプログラムとオフプログラム合わせて11本ある舞台の中から、私はMala Klineの『DÉBUT – In Memory of Coming』と、Maja Delakの『SERATA ARTISTICA GIOVANILE』を鑑賞。会場は主会場のうちの一つです。入り口に機関車がありました。観劇後は深夜のミーティングポイントに指定されているバーにみんな移動します。大変タフな人たちです。
e0090448_5382134.jpg
レセプション
e0090448_5392389.jpg
公演会場:Elektro Ljubljana 
e0090448_541590.jpg
ナイト・ミーティング・スポット



■ 5月16日(2日目)

9時半からオープニング・セッションが始まります。文化大臣の挨拶されている間(もちろん大変意義深い内容です)、地元のダンサー2人がパフォーマンス、というか日々実施している訓練のデモン・ストレーションのようなものを壇上脇で実施、皆それを観るようになっていました。最初は少し不思議な感じで心の狭い筆者は「ダンサーを搾取」とも感じましたが、だんだん彼らの方に皆の視線が移っていくように感じます。せっかく話しをされているスピーカーの影が薄れていきました。ところで、ダンサーの動きは舞踏のそれに通ずるものがあると感じ、そのダンサーに伺ってみると、「とても影響をうけている」と話してくれました。

その後パネルディスカッションが2つありました。どちらも、政治的ターニングポイントであった1968年以降の40年を検証しつつ、今同時代の舞台芸術が何をすべきか、ということをテーマに、一方は制度的なフォーカスを、他方はより個人的なレベルにフォーカスを置くという、どちらも筆者には大変興味深い内容です。分身の術というのはこういう状況で夢想するのだと思いました。

まず、制度に焦点を当てているミーティングに参加しましたが、パネラー全員の話が終わったあと他方に移動。こちらはより「インフォーマル」に議論。アーティストが、民主主義を大義としつつも、実際には商業的な成功を得るのが難しい前衛芸術、政治性の高い芸術がどんどん実施できなくなっている実情を話しています。会場の中に深く共感する人が複数いて、質問なども活発でした。一方で政治性という定義の問題が浮上します。激動の40年。過去ではなくて同時代と実感します。

昼食をはさみ午後のセッション。アーティストのプレゼンテーションを含めると、同時に7つのプログラムが重なっています。どれも興味深くて困りましたが、筆者は自身の仕事と直接性が高いと思った「Temporary Platform for Contemporary Platform」に参加。モデレーターはIETM@TPAMでもスピーチして頂いたブラジルのナイーゼ・ロペスさん(Ms. Nayse LOPEZ / Dance Critic and Curator, Panorama Dance Festival)。

スピーカーの中にはこれまたIETM@TPAMに参加下さったシンガポールのタン・フクエンさん(Mr. Tang FU KUEN / Critic and Researcher)がおられます。この会議だけ、欧州以外の場所が対象となっていました。ダンス批評家のナイーゼさんが運営参加されているRAFTというウェブサイトがあり、フクエンさんも共感して運営協力されているそうです。このセッションにはロンドン在住のインドネシア人研究者も参加予定でしたが、ビザがおりず参加できなかったとの事、残念です。
e0090448_544517.jpg
左から二人目がナイーゼさん

このセッションでは、言語の壁を越えるためにもウェブ上のプラットッフォームが重要であること、それを実際に運営していることを、資料を使い教えて頂きました。アジアで仕事されているスピーカーがもう一人いたので、話はアジアのことにもなります。その度、日本のウェブページに、いかに日本語以外の言語で書かれたサイトが少ないかを指摘され、考えるところ多く、興味を持ってもらってもアクセス出来なければ「事」は始まらないと痛感。最後にAsia-Europe Foundationのカテリン・ヴェストラット氏(Ms. Katelijn VERSTRAETE / Project Manager, ASEF)が最近開設された「Culture 360」を紹介してくれました。さまざまな形でリンクできるようなので是非のぞいてみてください。

その後19時からやはり観劇。筆者はIrena Tomažinの『CAPRICE(RE)LAPSED』を観ました。Maja Delakの『EXPENSIVE DARLINGS』も観たかったのですが、狭い会場でチケットが少なく予約できず。しかし、IETMの事務局長マリー・アンさん(Ms. Mary Ann DeVLIEG)とゆっくりミーティングをし、思い出に残る時間になりました。その後、みんなはもちろん深夜のミーティングポイントに参加。いやはやタフな人たちです。


■ 5月17日(3日目)

10時半からミーティング。二つのパネルディスカッション「Be Creative! Be Free! Be…an Artist!」、「Bothering Art, Bordering Freedom」(どちらも興味深いのですが)のうち、前者に参加します。モデレーターのズヴォンコさん(これはニックネームで本名はズヴォニミール・ドブロヴィッチ=Mr. Zvonimir Dobrovic)はクロアチアの首都ザグレブでクィーア・フェスティバル(Queer Zagreb)を実施されています。2005年に横浜ダンスコレクション参加のために来日され、お目にかかっていました。
e0090448_5455481.jpg
中央がズヴォンコさん

4人のパネラーが本テーマについてそれぞれの意見を述べ、すぐディスカッションが始まります。議論の中心は、アーティストもしくは舞台人がいかにお金がないか、そしてそれをどう考えるのか、ということをめぐってになってしまいます。「もちろんお金は必要だ、いや好きだ」という方向から議論しても愚痴大会になってしまい前向きになれません。しかしそれでも多くの方が発言するのは現状がいかに厳しいかということが共有されているからでしょう。

昼食をはさんで午後の会議。昼食時のミーティングが長引き少し遅れてワーキング・グループ「ARTIVISM」に参加。アート(art)とアクティビスム(activism=積極行動主義)を合わせた造語でしょうか。パネラーの中には長年ローザスのジェネラル・マネージャーをつとめ、ブッリュッセルの重要な劇場のひとつKaaitheatreの次期ディレクターに就任するギィ・ジペン氏(Guy Gypens)などがおり、(おそらく)予想以上に人が集まり、席が足りない程です。

前半、3人のパネラーが自身の劇場、フェスティバルのプログラム方針や状況を説明した後、議論移ります。このセッションの副題は「Political Engagement in Art, Artistic Action in Politics」です。数でいえば多数派の欧州諸国が複雑で困難な政治状況にあるということがこの議論の背景にはあります。それらを乗り越えてフェスティバルなり劇場の運営をしている、というところで、1960年代から活躍されているアーティストが意義を申し立てます。「アートと言うのであれば、マイノリティを救うなどの具体的なことに貢献をせよ」というのです。深く共感する人が複数名。この議論を通じ、「自国」の問題だけを見ていては視野が狭くなる、というぐらいのことしか勉強していない筆者の常日頃の勉強不足を反省しつつ。

その後IETMの通常総会です。予算、新理事、2008年の活動などを役員が説明、質疑応答のあと承認。
e0090448_547221.jpg
総会の風景

ふと自分が座っている席の前のテーブルを見ると、ショッキングな資料がありました。チェコの首都プラハにある劇場「アルハ・シアター(ARCHA Theatre)」のディレクターからIETMの事務局長に当てた手紙です。昨年から政府の文化に対する方針が大変厳しくなり、クラシックな劇場やフェスティバル以外は存亡の危機にあり、アルハも瀕死の状態だというのです。

この劇場は冷戦前から勇気ある優れたプログラムを実施され、2007年にはディレクターがTPAMに参加されレクチャーをしてくださいました。18,500人が今回の文化政策に反対を訴える署名をされているそうです。人口を考えれば実に多い数です。しかし方針は未だ変らず。アルハ・シアターを含む多くの劇場・フェスティバルを守るため、多くの協力が必要とされています。署名はオンラインでチェコや欧州だけでなく世界中からできるようですが、残念ながらチェコ語のみ(www.tydenikA2.cz/petice)。こういった深刻な事態が、現実に、今、起こっていることを背景に、本会議は全編を通じ芸術の自由と政治について議論されていたと痛感しました。

その後、観劇そして、クロージングパーティが朝の4時まで。いやはや本当にタフな皆さんです。


■ 5月18日(4日目)

いよいよ最終日です。11時からクロージング・セッション、もとい、クロージング・ピクニック(!)です。リュブリャナは欧州の中でもとりわけ美しい初夏が有名だそうで、屋外でクロージングが実施されました。会場はティヴォリ公園(Tivori Park)。郊外にあります。今回の主催者への謝意と秋の総会(11月6~9日、チューリッヒ)の報告&宣伝です、おそらく。というのは、この日の昼に帰国するメンバーとミーティングがあり、残念ながら参加できませんでした。空模様が心配されていましたが、終了予定の14時まで雨もふらず、よかったです。そして、終了を待つかのように土砂降りになりました。

このあと、観劇プログラム数本。各々公演会場に向かいつつ、今回の総会は幕を閉じたのでした。

(文責・○)
e0090448_5575183.jpg
e0090448_5582039.jpg

[PR]
by welcome-tpam | 2008-05-28 10:39 | IETM ミーティング
IETMサテライト・ミーティング・イン・ソウル
IETM Satellite Meeting in Seoul 2007
e0090448_1449791.jpg
10月11日~14日 IETMサテライト・ミーティング・イン・ソウルに参加してきました。前記事にありますソウル芸術見本市と併催された本ミーティングは、TPAMのオフィシャルページでも紹介されているように来年3月、東京芸術見本市2008の開催にあわせて、東京でも開催されます。詳しくはコチラ

IETMとはインターナショナル・ネットワーク・フォー・コンテンポラリー・パフォーミング・アーツという会員制組織で、年に2回の本会議と2~4回のサテライト・ミーティングを行っています。その名の通り、コンテンポラリー・パフォーミング・アーツ業界のプロフェッショナルが集まり、そしてつながっていくネットワークであり、元々ヨーロッパで築かれたものが、現在サテライト・ミーティングを通じてアジアでその輪を広げています。

■ 会議名    IETM Satellite Meeting in Seoul
■ 開催期間  2007年10月11日~14日
■ 開催場所  Korea Foundation Cultural Center
          National Museum of Korea

■ プログラム
プログラムの中心は6つのカンファレンス。下記のテーマで開催されました。

    セッション1: Performing Arts Management
            パフォーミング・アーツ・マネジメント
    セッション2: Performing Arts Events & Management
            パフォーミング・アーツ・イベント&マネジメント
    セッション3: Performing Arts Place & Management
            パフォーミング・アーツ 劇場&マネジメント
    セッション4: Mobility & Collaboration
            (舞台芸術の)移動性&コラボレーション
    セッション5: Performing Artists & Management
             パフォーミング・アーティスト&マネジメント
    セッション6: Performing Arts & Cultural City
             パフォーミング・アーツ&文化都市

日本からも、空間創造研究所 宮崎刀史紀氏、世田谷パブリックシアター 松井憲太郎氏、アンクリエイティブ 永利真弓氏、アート・ネットワーク・ジャパン 相馬千秋氏が、各セッションのスピーカーとして参加されていました。

ヨーロッパからのスピーカーとアジア(韓国、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、モンゴル、台湾、中国、香港、日本)からのスピーカーが各テーマにのっとり、それぞれのプロジェクトの紹介や問題点、今後の展望などについて話を聞くことができました。

■ セッション1: Performing Arts Management

モデレーター: Sungyeop Lee氏
          (韓国/Uijeongbu Music Theater Festivalディレクター)
スピーカー:
Amna S. Kusumo氏(インドネシア/Kelola Foundationディレクター)
宮崎刀史紀氏(日本/空間創造研究所)
Munkhtuul Dashnyam氏(モンゴル/Arts Management
                    Information & Resource Center)
Judith Knight氏(英国/Artsadmin ディレクター)
e0090448_14495016.jpg
このセッションでは、主に各国のアーツ・マネジメントの教育環境やプログラム内容、人材育成について、また、アーツ・マネジメントに関わる最新のトピックなどについて、話されました。

インドネシアでは、アーツ・マネジメントに対する資金調達が難しいことから、アメリカ合衆国やオーストラリアからサポートを受けている状況、一方で、アーツ・マネジメントの歴史があるイギリスで現在問題になっているトピックなど、全く異なる現状を同時に聞くことができるセッションでした。日本の現状として、指定管理者制度の話を空間創造研究所の宮崎さんが紹介されていました。


■ セッション2: Performing Arts Events & Management

モデレーター:Christophe Blandin-Estournet氏
          (フランス/Excentrique Festival 芸術監督)
スピーカー:
Meekyung Choo氏(韓国/DAUM Institute for the cultivating &
               Research of the arts ジェネラル・マネージャー)
Ratna Riantiarno氏(インドネシア/Art Summit Indonesia 2007
                舞台芸術部門委員長)
Anna Pitkanen氏(フィンランド/Kuopio Dance Festivalディレクター)
             (韓国/Kuochon Hamadan Festival)
e0090448_1453172.jpg
このセッションでは、フェスティバルを中心に、各スピーカーが携わっている催事の成り立ちや構造、問題点などについて議論されました。韓国では、近年急速にフェスティバル、特にコンテンポラリーのものが発達し、地域性と密接な関わりがある点、またインドネシアでは国政に左右されてしまう現状が紹介されました。

中でもフィンランドでは、他2カ国と違い、国からのサポートが充実していて、特にコンテンポラリー・ダンスが発展する基盤が作られているという話があり、その環境の違いを目の当たりにしました。また、「“Festival”と”Art Event“の違いは?」という質問から議論がされたのですが、単純に公演数や公演期間で分けるという意見や、”Festival“と銘打ったほうが資金調達しやすいなどという戦略的な意見など、その言葉に込められている意味の深さを考える機会であり、またそのことを話し合うこと自体が有意義であると感じました。


■ セッション3: Performing Arts Place & Management

モデレーター:Ping Heng氏(台湾/Crown Art Center ディレクター)
スピーカー:
松井憲太郎氏(日本/世田谷パブリックシアター プログラム・ディレクター)
Amy Barrett氏(オーストラリア/Lennard ディレクター)
Hyeon-wook Jeong氏(韓国/Sadari Art Center ディレクター)
Nan Van Houte氏(オランダ/Frascati Theatre ディレクター)
Mariam De Clopper(ベルギー/deSingel プログラマー、プロデューサー)

各国の劇場からスピーカーが招かれた本セッションでは、世田谷パブリックシアター(日本)、ピカ(PICA:Perth Institute of Contemporary Arts/オーストラリア)、サダリ・アートセンター(韓国)、フラスカティ劇場(オランダ)、デ・シンゲル劇場(ベルギー)の紹介が、設立から現在にいたるまで、その背景である各国の舞台芸術環境を交えて話がなされ大変興味深いものでした。

劇場とアーティストの関係といったものが話しの随所にあらわれ、劇場がアーティストを育成する役割の一端を担い、また一方で観客へのアプローチのための戦略もとるという、まさにプラットフォームとしての「劇場」ということを意識したセッションでした。特に、自由な発想の若手アーティスト達にとって固定空間で作品創造するという絶対的な有効性はもはやなく、劇場を飛び出しサイトスペシフィックなものがどんどん出てきている、という意見がデ・シンゲルの方から話された点が印象的で、劇場空間が今後どのように変化していくのかという期待が膨らむものでした。

この回から会場をNational Museum of Korea に移して、行われました。

e0090448_14571679.jpg
ちょうど吉野ヶ里展も開催されていました。街の中心部から少し外れたところに位置していたため、のどかな雰囲気も楽しむことができます。

e0090448_1458581.jpg
周囲の草むらには、うさぎが・・・

■ セッション4: Mobility & Collaboration

モデレーター:Mary Ann DeVlieg氏(ベルギー/IETM事務局長)
スピーカー:
Katelijn Verstrate氏
(シンガポール/Asia Europe Foundation プロジェクト・マネージャー)
Alison Carroll氏(オーストラリア/Asialink Arts ディレクター)
Jong-ho Lee氏(韓国/SIDance 理事長)
Simon Kirby氏(中国/SKA Culture)
e0090448_14591322.jpg
世界のアーティストが本国以外でパフォーマンスを行う可能性、実際に現地で創作活動を行うことによる創造性、協同製作の有効性、また、その問題と対策についてなど、モビリティ=流動性、可動性にまつわる様々なトピックについて議論されました。韓国の国際的なダンスフェスティバルであるSIDanceの他、実際にアーティストや舞台芸術が国境を越えて行き来するような事業を企画、助成を行っている機関の方が中心となって話がされました。

資金調達の問題だけでなく、舞台芸術が他の文化、歴史、習慣がある土地に行くことには様々な障害があります。その解決のために、実際現地に行く前にできるだけ効果的に調整ができるようにするツールとして“On-line Platform”という提案がASEF(Asia –Europe Foundation)からされていました。また単純に国境を越える以上の結果について、アーティスティックな側面からの提案(具体的には作品の紹介)もあり、なかでも、モビリティ=ヒューマン・ライツ(人間の権利)という言葉が大変印象に残りました。具体的に成果を計ることが難しいトピックではありますが、なぜ舞台芸術が国境を越えるのか、立ち返ってみる必要性を感じるものでした。


■ セッション5: Performing Artists & Management

モデレーター:Rosemary Hinde氏(オーストラリア/
         Hirano Productions マネージング・ディレクター)
スピーカー:
Seok Kyu Choi氏(韓国/Asia Now ディレクター)
永利真弓氏(日本/アンクリエイティブ代表)
Sung Eun Jang氏(韓国/Seoul Ballet Theater 国際部門ディレクター)
Judith Knight氏(英国/ArtsAdmin ディレクター)
e0090448_156582.jpg
特にアーティストと直接関わる立場にいらっしゃる方々が集まった本セッションでは、アーティストにとってどのような環境、サポートが必要か、また実際にどのようにプロモーションしているのかといったことをメインにそれぞれのお話を聞くことができました。AsiaNowのプロデューサーのCho氏は、韓国から数多くのカンパニーを国際的なフェスティバルで紹介し、活躍の場を世界へ広げている事例を紹介されていました。

単純に海外に持っていくのではなく、各国のマーケットにあったアーティストを紹介することや、海外に行った方が伸びるアーティストを見極めるといった戦略については、実例も多く説得力がありました。また、アンクリエイティブの永利さんの実経験に基づいた話は臨場感溢れて興味深く、またアーティストに対する情熱が客席に伝わってくる様子が感じられました。
           
■ セッション6: Performing Arts & Cultural City

モデレーター:Benny Chia氏
         (香港/Fringe Club & City Festival ディレクター)
スピーカー:
Kab Soo Kim氏(韓国/Asia Cultural Hub City Project)
相馬千秋氏(日本/急な坂スタジオ ディレクター)
Georges Poussin氏(フランス/Section of Creative Industries
                for Developing UNESCO チーフ)
Kwon Huh氏(韓国/Seoul Youth Center for
                Cultural Exchangeディレクター)
Pekka Timonen氏(フィンランド/Culture for the City of Helsinki
                                      ディレクター)
e0090448_1575639.jpg
ヨーロッパとアジアの文化都市の違いにフォーカスした本セッションは、欧州文化都市、ユネスコのクリエイティブ・シティ、韓国・光州のアジアン・ハブ・シティ、そして横浜の文化政策の各事例を基に、それぞれの成り立ちや担っている役割、将来のビジョンなどが紹介されました。

UNESCOや欧州文化都市の政策は複数国が共同で、指定都市を文化的にバックアップし、文化都市同士のネットワークがその後発展し互いのプレゼンスを高めていくという、広範囲で長期的なプロジェクトです。また、光州のアジアン・ハブ・シティは、立ち上げまでの過程や、今後どのようなプランで進んでいくかといったことが紹介されました。

アジアでは、文化政策を各国が独自に行っているなか、アジアン・ハブ・シティとしてどのようにコンテンツを集約し発信していくのか、大変楽しみでもあります。急な坂スタジオの相馬さんが紹介された“Yokohama – The Creative City of Art and Culture”と題した横浜の活動も、建築物のリノベーションや、歴史的に見ても異文化が混ざり合い新しい創造物が生まれる環境など、都市が牽引する文化政策の事例として注目されていました。


■IETM@TPAM
e0090448_1585198.jpg
IETMセッション後も、話はつきません。

以上、6つのセッションを、思い出し、そしてかい摘んで、且つ個人的な所感にてご紹介してしまいましたが、セッション以外での時間、ランチやレセプションでの会話が参加者にとって重要な情報になったのではないでしょうか。スピーカーの方とは、普段お話する機会もないですが、ランチタイムなどでは、セッションを聞いているので具体的な話題もあり、カジュアルな雰囲気で気軽に声をかけられるチャンスです。興味を持って話しかければ、たとえ英語に自信がなくても、親身に答えてくれますし、話も聞いてくれます。お互い英語が母国語でないケースの方が多いくらいですが、内容を共有しているので、通じ合う部分が必ずあると思います。

「ネットワーク会議?」、「サテライト・ミーティング?」と、なんとなく漠然としていて掴み所のなかったIETMサテライト・ミーティングでしたが、初めて参加してみてわかったことは、世界中にいる、似たことをやっていて、似た悩みを持っている人たちが、顔を合わせて話ができる場であり、参加者に対してとってもウェルカムな雰囲気の会ということです。ネットワークとは決して目に見えるものではありませんが、きっとここでは、それを肌で感じ、実感できる場所だと思います。会員でなくてもIETMのミーティングに参加できますので、是非、来年3月のIETM@TPAMに足を運んでみてください。

つか
[PR]
by welcome-tpam | 2007-11-20 17:28 | IETM ミーティング
トップ